2013年01月14日

いつかのことば まとめ101〜110

その101

そう言やぁ、ニューイヤー。
Mr.オクレ氏は今年から21世紀だそうです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その102

雪の駅、僕の背中に潜り込んだ小さな風。
子守を頼まれたのは、でも、僕だけではないみたいだ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その103

やだいやだい、オレンジジュースのむんだ。
だだをこねないで新郎、おしりつねるわよ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その104

2羽の風見鶏 お互いの顔はしらないけど
2羽の風見鶏 いつもおなじものをみてる

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その105

うそつきは地獄におちると言ったので 母は地獄におちました
エンマだまして地獄から ぼくは母さん連れ戻す

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その106

古本屋に『檸檬』を売りに行く。
栞に宝くじをはさんで。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その107

今夜は泣けない。
涙で育つあの木には目薬でがまんしてもらおう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その108

店長、たいへんです!
嫌煙家の方たちに喫煙席を占領されました。……すいません。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その109

だれも止めない目覚まし時計。
あるじは旅の空。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その110

ぼくは金色 どんな色
ぼくが色なら水は水色

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


posted by みずすまし at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩と断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。