2013年01月15日

いつかのことば まとめ131〜140

その131

私があの人を諦められるなら、あなたも私を諦められるはずでしょ。
私、あなたの恋人になるわけにはいかないんだ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その132

今日は今日のない人生について考えてみる。
ああ、人生には今日みたいな日があるんだ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その133

あのときの歴史のテストを100点にしてきます。
博士、タイムマシンを作ってください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その134

夜の散歩。レンコン畑のそばを通ると何かが飛び込むような音がする。
推測だが、さっきの雨でたまった水がハスの葉からこぼれたのだろう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その135

私の忘れたパスワードがあなたには私だった。
なんかさみしい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その136

王子が頷くと――、
眠り姫は語り始めました、百年かけてみた夢の話を。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その137

無限大からカウントダウン。
今日までのみちのりは永遠。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その138

金太郎のお墓のそばに木がありました。
どこを切っても年輪が金太郎なのです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その139

駐車場駆け寄るふたり、男は荷物を置いて両手を広げる。
女は男の腕の中に、飛び込むかと思うとドロップキック。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その140

人は自分が愛した以上の愛を想像できない。理解することができない。
ぼくは愛されていた。すくなくてもこのくらい、もしかするともっと。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


posted by みずすまし at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩と断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。