2013年01月15日

いつかのことば まとめ151〜160

その151

宇宙人はいるさ、地球人がいるくらいだから。
愛されることもあるさ、愛することがあるくらいだから。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その152

みつかったので、さがすのをやめた。そしたらみうしなった。
みうしなったので、さがしはじめた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その153

時計の針よ 傷を縫え
夜が麻酔をかけてるうちに

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その154

卵を握る。目隠をする。マジシャンがワンツースリーと唱える。すると、
手の中の卵が消えてしまう。ぼくは首をひねる。観客の笑い声が聞える。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その155

女子便所に放り込まれた僕の上靴をK君が取ってきてくれた。
ビデオカメラが女子便所で見つかった。彼が容疑者になった。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その156

よのなかフクザツ、こころはシンプル。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その157

日没。スイッチオン。星がともり始め、あっ、流れ星。
電気回路がショートして、今日の夜空はオリオン5つ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その158

母は父に酒を飲むなと言ったのですが、
父は僕に酒を持って来いと頼むのです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その159

僕のところへ運ばれてきた、どのお皿にも君が乗ってた。
ベルトコンベアが通り過ぎていく。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その160

こげこげ食パン。こげこげのシャツ。
トースターとアイロン、すたこらさ。こげこげボート。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


posted by みずすまし at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩と断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。