2013年01月15日

いつかのことば まとめ171〜180

その171

物干し竿が雨に打たれてる。
洗濯物干して叱られて泣く。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その172

狼男は昔、月で暮らす狼でした。恋人だった兎と別れて、
人の姿になったのです。兎の耳が短かったころの話です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その173

てるてる坊主には明日を天気にする力はないんだ。
ごらん、ひとばんじゅう流れ星に祈ってたんだよ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その174

僕は悪役だ。愛を信じているから、人質をとるんだよ。
主人公の君は愛など信じていない。この子を愛してる。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その175

月は夜の美しさを語りました。太陽が夜を見に行くと朝になりました。
一足遅かったのですね。太陽は夜を見るために走る特訓を始めました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その176

今日は歯が痛くて会社に行きたくなかった。
歯が痛いの?
うん。
歯医者に行きなさいよ。
うん。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その177

マッチ売りの少女は不良少女です。親に隠れてタバコを吸っています。
彼女は冷たい手をしています。釣り銭を受け取ると行ってしまいます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その178

僕はピエロです。綱渡りの途中で、落下するのが仕事です。留子が笑うと腹が立ちます。
私、あのピエロが好きなの。本当は僕がピエロなんだと言うと、また留子が笑いました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その179

夢を培養するシャーレ。目が覚めると空気にさらされる。
いつの間にか現実一色。どんな夢だったか思い出せない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その180

爪楊枝くわえてトイレに入るのはやめたほうがいいです。
くわえたまま出てきて女子に見られるおそれがあります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


posted by みずすまし at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩と断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。